MENU
▼▼限定特典あります▼▼

楽天モバイルでも「楽天ひかり」より「GMOとくとくBB光」を選ぶべきか?

楽天モバイルでも「楽天ひかり」より「GMOとくとくBB光」を選ぶべきか?【アイキャッチ画像】

「楽天モバイルの人がおトクな光回線は?。」

「楽天ひかりよりもGMOとくとくBB光を選ぶべき?」

こう考える人は、この記事を見てくださいね。

もり

こんにちは!管理人のもりです。

この記事では、楽天モバイルの人は楽天ひかりとGMOとくとくBB光のどっちを選ぶべきか?ご紹介します。

楽天ひかりからGMOとくとくBB光へ乗り換えもご紹介します。

この記事の内容
  • 楽天モバイルとは?
  • 楽天ひかりとGMOとくとくBB光の比較
  • 楽天モバイルの人がGMOとくとくBB光を選ぶメリット
  • 楽天モバイルの人がGMOとくとくBB光を選ぶ注意点
  • 楽天ひかりからGMOとくとくBB光でかかる費用
  • 楽天ひかりからGMOとくとくBB光へ乗り換える手順
もり

解説の前に、「GMOとくとくBB光の特設ページ」を見つけました。

以下の特典で、初期費用を「最大12.8万円」節約できます!  

GMOとくとくBB光の特設サイト

・最大128,000円のキャッシュバック
・全員対象!30,000円キャッシュバック
・他社違約金補助で最大60,000円還元
・10ギガプランで11,000円の追加還元
・オプション加入で最大27,000円の追加還元
・GMOとくとくBB光の新規工事費が無料
ルーターレンタル代(1ギガ)330円/月が永年無料!
・「GMOとくとくBB光はどこから申し込む?キャンペーン窓口を比較」で一番おすすめの窓口

※当サイトのPR表記、運営ポリシー、運営者

監修者:森口 雄一朗

インターネット業界に5年以上携わる「中堅エンジニア」で、Wi-Fiの知識はとても豊富に持つ。「アイグッドサポート株式会社」の代表取締役社長としても広告の企画・制作・運営を実施しし、自らも記事を執筆。積極的に情報収集と発信をしており、「世界一分かりやすいサイト制作」がモットー。

※当サイトのコンテンツには広告を含む場合がありますが、「当サイトの運営ポリシー」にもとづき利用者の目線でサイト作成しています。メーカーまたは第3者の依頼で広告を掲載することもありますが、内容には一切関与せず、「景品表示法(通称ステマ規制)」の法令を遵守した上で制作されています。コンテンツに誤りがありましたら「お問い合わせフォーム」よりご連絡ください。なお、表記価格は「総額表示義務」にもとづき全て税込表記です。(サイト制作運営責任者:アイグッドサポート株式会社)

それでは解説していきます。

目次

【まず結論】楽天モバイルでもGMOとくとくBB光はお得?

それではまず結論からです。

楽天モバイルとは?

モバイル回線楽天モバイル
月額料金Rakuten最強プラン
・~3GB:968円/月
・3GB~20GB:2,068円/月
・データ高速無制限:3,168円/月
通話料Rakuten Linkアプリ利用時:国内通話無料
アプリ未使用時:22円/30秒
データ通信データ高速無制限
家族セット割最強家族プログラム:毎月110円割引
スマホセット割なし
楽天スーパーポイントアップ楽天市場の買い物ポイント+4倍
初期費用無料

楽天モバイルは、楽天モバイルの独自回線を利用するモバイル回線です。

特徴は、大手キャリア回線の中でも、月額料金が非常に安いことです。

楽天モバイルの使い放題プランは3,168円/月ですが、ドコモ/au/ソフトバンクと比べても半額以下で利用できます。

また、スーパーポイントアップにより楽天市場の買い物ポイントが+4倍になります。

通常ポイント+1倍に加えてもらえるので、楽天市場で買い物するだけで+5倍のポイントが加算されます。

一方で、スマホセット割はありませんので、楽天ひかりとの同時契約でも割引なしです。

料金の安さと楽天市場の買い物ポイントが特徴のモバイル回線です。

楽天モバイルでGMOとくとくBB光を選ぶべき?

楽天モバイルでもGMOとくとくBB光を選ぶべきです。

シンプルに楽天ひかりよりもGMOとくとくBB光の方が月額料金が安いためです。

また、楽天ひかりは楽天モバイルとの組み合わせで6カ月間割引になりますが、GMOとくとくBB光の方が特典がおトクです。

楽天ひかりは楽天モバイルとの組み合わせでスマホセット割はありません。

戸建てとマンションで3年間の料金を比べると以下の通りです。

【3年間の料金比較】

楽天ひかりGMOとくとくBB光比較結果
戸建て181,280円146,748円GMOとくとくBB光が34,532円おトク
マンション148,280円109,128円GMOとくとくBB光が39,152円おトク

以上のとおり、通信費の節約ならGMOとくとくBB光がおすすめです。

もり

GMOとくとくBB光の特設ページは以下のリンクからです。

キャッシュバックももらえておトクですよ。

\GMOとくとくBB光を最大128,000円節約!/

それでは具体的な内容を見ていきます。

楽天ひかりとGMOとくとくBB光の比較一覧

楽天ひかりとGMOとくとくBB光の比較を一覧でまとめました。

結果、月額料金は楽天ひかりよりGMOとくとくBB光が安いです。

楽天ひかりには、楽天モバイルを対象として「月額基本料6カ月0円キャンペーン」がありますが、特典もGMOとくとくBBがおトクです。

また、楽天ひかりより通信速度も速く、10ギガを提供するのもGMOとくとくBB光だけです。

楽天ひかりには楽天市場の買い物ポイントが+2倍になるメリットがあります。

【楽天ひかりとGMOとくとくBB光の比較一覧】

楽天ひかりGMOとくとくBB光
月額料金
(1ギガ)
マンション4,180円3773円
戸建て5,280円4818円
月額料金
(10ギガ)
マンション取扱なし5,940円
戸建て
初期費用事務手数料3,300円
工事費22,000円実質無料
実測上り226Mbps324Mbps
下り212Mbps274Mbps
IPv6クロスパスv6プラス
楽天モバイルの
メリット
6カ月無料
・マンション:4,180円×6カ月
・戸建て:5,280円×6カ月
なし
キャンペーンキャッシュバックなし30,000円以上
違約金負担なし最大6万円
楽天市場の
楽天ポイントUP
+2倍なし

以上が、楽天ひかりとGMOとくとくBB光の比較一覧です。

もり

楽天ひかりよりもGMOとくとくBB光がお得です。

手続きは以下のリンクからです。

\GMOとくとくBB光を最大128,000円節約!/

楽天モバイルでGMOとくとくBB光を選ぶメリットは?

楽天モバイルの人がGMOとくとくBB光を選ぶメリットは5つです。

【1】楽天ひかりよりも月額料金が安い

楽天ひかりよりもGMOとくとくBB光は月額料金が安いです。

具体的には、戸建てで月あたり462円、マンションで月あたり407円安くなります。

なので、通信費をできるだけ節約したい人には最適です。

また、楽天モバイルにはスマホセット割がないので、料金差がそのまま1カ月の通信費の差になります

【月額基本料の比較(戸建て)】

  • 楽天ひかり=5,280円/月
  • GMOとくとくBB光=4,818円/月

⇒GMOとくとくBBが462円安い

【月額基本料の比較(マンション)】

  • 楽天ひかり=4,180円/月
  • GMOとくとくBB光=3,773円/月

⇒GMOとくとくBBが407円安い

【2】楽天ひかりよりも通信速度が速い

GMOとくとくBB光は楽天ひかりよりも通信速度が速いです。

具体的には、GMOとくとくBB光は下りで1.3倍、楽天ひかりよりも速くなります。

1日の平均速度を比較した結果は以下の通りです。

【楽天ひかりとGMOとくとくBB光の速度比較(1日平均)】

楽天ひかりGMOとくとくBB光
上り(アップロード)226Mbps324Mbps
下り(ダウンロード)212Mbps271Mbps
比較結果GMOとくとくBB光が楽天ひかりの1.3倍速い

※引用元:https://minsoku.net/

また、時間帯にかかわらずGMOとくとくBB光が速いので、全ての時間で安定して利用できます。

下りの速度を時間帯別に比較した結果は以下のとおりです。

【楽天ひかりとGMOとくとくBB光の速度比較(時間帯別)】

楽天ひかりGMOとくとくBB光
266316
255327
夕方221314
188248
深夜245304
1日平均212271

以上のとおり、GMOとくとくBB光は楽天ひかりより速度UPが期待できます。

【3】楽天ひかりでは選べない「10ギガ」プランも選べる

楽天ひかりには10ギガプランがありませんが、GMOとくとくBB光では選べます。

10ギガプランとは、通常よりも速度にこだわりたい人向けのプランです。

例えば、通常の1ギガプランを選んで速度を変えたいときでも、GMOとくとくBB光なら可能になります。

一方で、楽天ひかりには10ギガプランがないので、速度を変えたいときは光回線の会社を変える必要があります。

【楽天ひかりとGMOとくとくBB光の10ギガの比較】

楽天ひかりGMOとくとくBB光
10ギガ契約不可契約可能
10ギガ月額料金対象外5,940円/月
(戸建て/マンション)

【4】光テレビや光電話を同時契約できる

楽天ひかりは、光テレビの光電話のサービスを提供していません。

つまり、光電話や光テレビを使うときは、NTT東日本やNTT西日本と個別契約する必要があります。

一方で、GMOとくとくBB光は「GMOひかりテレビ」と「GMOひかり電話」のサービスを提供します。

なので、GMOとくとくBB光の光回線と同時に、光テレビや光電話を契約できます。

どちらも料金は同じですが、契約先が一本化されると支出の管理がしやすいです。

【光テレビと光電話の比較】

楽天ひかりGMOとくとくBB光
光テレビサービス名称フレッツ・テレビGMOひかりテレビ
月額基本料金825円/月825円/月
光電話サービス名称ひかり電話GMOひかり電話
月額基本料金550円/月550円/月
提供主体NTT東日本
NTT西日本
GMOとくとくBB

【5】楽天ひかりより工事費無料など申込特典が多い

楽天モバイル利用者でも、楽天ひかりよりGMOとくとくBB光の方が特典が多いです。

スマホに関係なく、工事費無料やルーター無料、キャッシュバックの特典があります。

一方で、楽天ひかりでは「楽天ひかり月額基本料6カ月0円キャンペーン」のみです。

【楽天ひかりとGMOとくとくBB光のキャンペーン】

楽天ひかりGMOとくとくBB光
申し込み特典 楽天ひかり月額基本料6カ月0円キャンペーン工事費無料
限定キャッシュバック
ルーター無料

楽天ひかりではルーターのレンタルやキャッシュバックはありません。

以上が、楽天モバイルでGMOとくとくBB光を利用するメリットです。

もり

月額料金が安い上にキャンペーンもおトクです。

GMOとくとくBB光を選べば間違いありません。

\GMOとくとくBB光を最大128,000円節約!/

楽天モバイルでGMOとくとくBB光を選ぶ注意点は?

楽天モバイルでGMOとくとくBB光を選ぶ注意点は2つです。

【1】楽天市場の楽天スーパーポイントの+2倍が受けられない

楽天ひかりは、SPU(スーパーポイントアップ)により、楽天市場のポイントが+2倍になります。

しかし、GMOとくとくBB光には楽天ポイントの特典はありません。

100円で2ポイント分、楽天市場の買い物ポイントが貯まりにくくなります。

一方で、楽天モバイルの楽天ポイントアップ(+4倍)はGMOとくとくBB光でも受けられます。

【楽天SPU(スーパーポイントアップ)】

楽天ひかりGMOとくとくBB光
光回線のポイントアップ+2倍対象外
楽天モバイルのポイントアップ+4倍
楽天カードその他のポイントアップ+1倍 他

【2】6カ月無料の割引キャンペーンが受けられない

楽天モバイルでは楽天ひかりとの組み合わせで、6カ月無料の割引キャンペーンを実施中です。

GMOとくとくBB光には、楽天モバイルとの組み合わせによる月額料金の割引キャンペーンはありません。

【楽天モバイルとの組み合わせによる割引】

楽天ひかりGMOとくとくBB光
楽天モバイルとの
組み合わせによる割引
楽天ひかり月額基本料6カ月0円キャンペーン
戸建て:5,280円×6カ月
・マンション:5,280円×6カ月
組み合わせによる割引なし

一方で、GMOとくとくBB光は工事費無料やキャッシュバックがあるので、特典総額は多いです。

以上が、楽天モバイルでGMOとくとくBB光を使う注意点です。

もり

GMOとくとくBB光には楽天モバイルとの組み合わせによる特典はありません。

また、楽天市場の買い物ポイント+2倍の対象外です。

\GMOとくとくBB光を最大128,000円節約!/

楽天ひかりとGMOとくとくBB光の3年間の料金比較

楽天ひかりとGMOとくとくBB光はどちらがおトクか?

楽天モバイルの人が、楽天ひかりとGMOとくとくBB光を3年間利用した時の料金を比較しました。

楽天モバイル×戸建ての3年間の料金

楽天モバイルの戸建ては、GMOとくとくBB光が34,532円お得です。

楽天ひかりには月額料金割引きがありますが、GMOとくとくBB光の方が料金が安く特典が多いです。

【楽天モバイル×戸建ての料金比較】

楽天ひかりGMOとくとくBB光
月額料金
(36カ月分)
5,280円×36カ月
(190,080円)
4,818円×36カ月
(173,448円)
初回事務手数料880円3,300円
工事費 22,000円実質無料
キャッシュバック-30,000円
月額割引-5,280円×6カ月
(-31,680円)
合計181,280円146,748円
料金差GMOとくとくBB光が34,532円おトク

楽天モバイル×マンションの3年間の料金

楽天モバイルのマンションも、GMOとくとくBB光が39,152円お得です。

マンションでも、GMOとくとくBB光の月額料金が安いためです。

また、戸建てと同じキャンペーンを受けられます。

楽天ひかりは月額料金割引が特典なので、戸建てよりも割引額は少なくなります。

【楽天モバイル×マンションの料金比較】

楽天ひかりGMOとくとくBB光
月額料金
(36カ月分)
4,180円×36カ月
(150,480円)
3,773円×36カ月
(135,828円)
初回事務手数料880円3,300円
工事費 22,000円実質無料
キャッシュバック-30,000円
月額割引-4,180円×6カ月
(-25,080円)
合計148,280円109,128円
料金差GMOとくとくBB光が39,152円おトク

以上が、GMOとくとくBB光と楽天ひかりの3年間の料金比較です。

もり

楽天モバイルの人も、楽天ひかりよりもGMOとくとくBB光の方が通信費を節約できます。

\GMOとくとくBB光を最大128,000円節約!/

楽天ひかりの人もGMOとくとくBB光への乗り換えがお得!

現在楽天ひかりを利用中の人も、GMOとくとくBB光への乗り換えがお得です。

楽天ひかりからの乗り換えは工事なし(事業者変更)

楽天ひかりからの乗り換えは、事業者変更の手続きにより工事なしです。

なので、今に光回線や光コンセントの設備がそのまま使えます。

事業者変更とは、NTTフレッツ光の光回線を利用する「光コラボ」間で、回線を乗り換える事です。

【事業者変更のイメージ図】

事業者変更とは光コラボからGMOとくとくBB光へ乗り換える事

楽天ひかりとGMOとくとくBB光は同じ「光コラボ」になりますので、工事はありません。

楽天ひかりからの乗り換えで費用もかからない

楽天ひかりからGMOとくとくBB光の乗り換えで費用もかからないです。

楽天ひかりの解約金や乗り換えの手数料より、GMOとくとくBB光のキャンペーンが多いからです。

調べた結果配下の通りです。

【楽天ひかりからGMOとくとくBB光でかかる費用】

項目かかる費用GMOとくとくBB光の特典
楽天ひかりの解約違約金(契約解除料)月額料金の1カ月分
・戸建て:5,280円
・マンション:4,180円
他社違約金還元により実質無料
楽天ひかりの事業者変更承諾番号の発行手数料通常無料
楽天ひかりの最終月の月額料金(日割りなし)月額料金の1カ月分
・戸建て:5,280円
・マンション:4,180円
限定キャッシュバックで補てん
GMOとくとくBB光の初期費用3,300円限定キャッシュバックで補てん

実際にかかる費用を簡単に解説します。

楽天ひかりの解約違約金(契約解除料):月額料金の1カ月分

楽天ひかりを契約期間内に解約すると、解約違約金(契約解除料)がかかります。

契約解除料は月額料金の1カ月分です。(2022年6月30日以前に申し込みした人は10,450円)

【楽天ひかりの契約解除料】

申し込みした時期契約解除料
2022年7月1日以降月額料金の1カ月分
2022年6月30日以前10,450円

なお、楽天ひかりでは2年ごとに3カ月間の「無料解約申請期間」が用意されています。

具体的には、契約から24、25、26カ月目に事業者変更すると、契約解除料はかかりません。

【楽天ひかりの無料解約申請期間】

楽天ひかりの無料解約申請期間
※引用元:楽天ひかりの重要事項説明

楽天ひかりの事業者変更承諾番号の発行手数料:通常無料

事業者変更承諾番号の発行手数料は、楽天ひかりの公式に記載がありませんでした。

しかし、一般的な光回線では通常は無料です。

一方で、2022年6月30日以前に契約した人は、一般的には3,300円程度かかります。

気になる人は、事業者変更を申請するときに、楽天ひかりへ問い合わせしてください。

楽天ひかりの最終月の月額料金(日割りなし):月額料金の1カ月分

楽天ひかりの事業者編国では、最終月の月額料金に日割りはありません。

つまり、1カ月分の満額請求になります。

例えば、楽天ひかりの戸建ての場合、5,280円を最終月の月額料金として支払います。

【楽天ひかりの最終月の月額料金】

プラン月額料金
マンションプラン(集合住宅)4,180円
ファミリープラン(戸建)5,280円

GMOとくとくBB光の初期費用

GMOとくとくBB光でかかる費用は、初回の事務手数料の3,300円のみです。

事業者変更による乗り換えの場合、工事費用がかかりません。

【GMOとくとくBB光でかかる費用】

項目金額
初回の事務手数料3,000円
工事費用工事なし

以上が、楽天ひかりからGMOとくとくBB光への乗り換えがお得な理由です。

もり

GMOとくとくBB光の実施中のキャンペーンは以下の特設ページよりチェックしてください。

\GMOとくとくBB光を最大128,000円節約!/

楽天ひかりからGMOとくとくBB光へ事業者変更する手順

最後に、楽天ひかりからGMOとくとくBB光へ事業者変更するをご紹介します。

手順は6ステップですので、1つずつ見ていきます。

【楽天ひかりからGMOとくとくBB光の乗り換え手順】

  1. 楽天ひかりから事業者変更承諾番号を発行
  2. 楽天ひかりの事業者変更承諾番号をGMOとくとくBB光へ連絡
  3. 楽天ひかりからGMOとくとくBB光へ回線を切り替え
  4. 楽天ひかりのIPv6を解約する【一部の人】
  5. 楽天ひかりのレンタル機器を返却
  6. 楽天ひかりの解約金の明細書を入手する(任意)
STEP

楽天ひかりから事業者変更承諾番号を発行

まず、楽天ひかりで事業者変更承諾番号を発行します。

やり方は、事業者変更承諾番号 申請フォームからの申請です。

事業者変更承諾番号申請フォームへ移動したら、以下の情報を入力し、事業者変更承諾番号を発行してください。

【事業者変更承諾番号申請フォームで入力する情報】

  • 契約者名(姓名)
  • 契約者電話番号
  • 契約者住所
  • 移行先事業者名(⇒該当なしを選択)
  • 移行理由1
  • 事業者変更承諾番号を受信したいメールアドレス

申請フォームからの手続きが分からない人は、楽天ひかりカスタマーセンターへ電話してください。

【楽天ひかりカスタマーセンター】

  • 電話番号:0120-987-300
           ※通話料無料
  • 受付時間:9:00〜18:00
  • 受付日時:年中無休
STEP

楽天ひかりの事業者変更承諾番号をGMOとくとくBB光へ連絡

楽天ひかりの事業者変更承諾番号をGMOとくとくBB光へ申請します。

以下のリンクから特設ページへ移動してください。

移動先の「Webお申し込み」のボタンから、手続き出来ます。

【楽天ひかりからの事業者変更手続き】

楽天ひかりからGMOとくとくBB光の事業者変更のお申込み

ご利用中の光回線で「光コラボ」と書かれたボタンを押下してください。

【「光コラボ」のボタンを選ぶ】

ご利用中の光回線で光コラボと書かれたボタンを押下

移動先のお客様情報の入力画面で、「楽天ひかり」の事業者変更承諾番号を入力します。

【事業者変更承諾番号を入力する画面】

楽天ひかりの事業者変更承諾番号を入力する

申込が終われば、楽天ひかりからGMOとくとくBB光の切り替え日を確認してください。

STEP

楽天ひかりからGMOとくとくBB光へ回線を切り替え

楽天ひかりからGMOとくとくBB光への回線切り替えします。

切り替えは自動ですが、GMOとくとくBB光でルーターをレンタルした人は置き換えてください。

GMOとくとくBB光のルーターに置き換えた後はWi-Fi設定します。

楽天ひかりからからの切り替えイメージもご紹介します。

【楽天ひかりからの切り替えイメージ】

楽天ひかりからGMOとくとくBB光の切り替えイメージ
STEP

楽天ひかりのIPv6を解約する【一部の人】

楽天ひかりでは乗り換える時期によって、IPv6を別で解約する必要があります。

通常は自動で切り替わりますが、IPv6が切り替わらない人は、楽天ひかりへIPv6の解約申請をしてください。

【楽天ひかりのIPv6の解約方法】

  1. チャットで問い合わせるページへ移動する
  2. 「氏名」「連絡先電話番号」「お問い合わせ内容」を入力する
  3. 「メッセージ相談を開始する」ボタンを押す
  4. SMSを受け取り「IPv6を解約したい」と伝える

※受付時間:9:00〜18:00(年中無休)

チャットでの相談方法が分からない人は、電話でIPv6を解約申請してください。

【楽天ひかりのカスタマーセンター】

  • 電話番号:0120-987-300
  • 受付時間:9:00-18:00(年中無休)
STEP

楽天ひかりのレンタル機器を返却

切り替えが終われば、楽天ひかりのレンタル品を返却します。

レンタルしていなければ、返却の必要はありません。

月330円のルーターレンタルをしていた場合のみ、楽天ひかりへ返却しましょう。

【楽天ひかりのレンタルルーター】

楽天ひかりのレンタルルーターは返却する

返却先は、公式ページに記載されていないので、解約時に確認してください。

ONU(光回線終端装置)は返却必要?

必要ありません。

正確には、ONU(光回線終端装置)は、NTT東日本/NTT西日本の持ち物です。

楽天ひかりもGMOとくとくBB光も、NTT東日本/NTT西日本の光回線を使ってサービスを提供しています。

なので、GMOとくとくBB光でもそのまま使います。

【楽天ひかりのONUはGMOとくとくBB光でそのまま使う】

楽天ひかりのONUはGMOとくとくBB光への事業者変更後もそのまま使う
STEP

楽天ひかりの解約金の明細書を入手する(任意)

楽天ひかりの契約期間内に解約した場合、違約金をGMOとくとくBB光へ申請する事で還元してもらえます。

申請には楽天ひかりの解約金の明細が必要です。

楽天ひかりの利用明細は、メンバーズステーションから確認できます。

【楽天ひかりの利用明細書の入手法】

  1. メンバーズステーションへログイン
  2. 利用明細をクリック
  3. 支払い明細を確認する

料金明細のデータは解約後6カ月間保存されますが、その後は消滅するので早い目にダウンロードしておきましょう。

明細が入手できれば、GMOとくとくBB光へ提出してください。

以上が、楽天ひかりからGMOとくとくBB光の事業者変更承諾の手順です。

もり

楽天ひかりからGMOとくとくBB光の事業者変更はとてもかんたんです。

\GMOとくとくBB光を最大128,000円節約!/

【まとめ】

最後にまとめです。

この記事では、楽天モバイルでもGMOとくとくBB光を利用すべきか?についてまとめました。

改めてポイントをまとめました。

この記事のまとめ
  • 楽天モバイルでGMOとくとくBB光を利用するメリット
    • 【1】楽天ひかりよりも月額料金が安い
    • 【2】楽天ひかりよりも通信速度が速い
    • 【3】楽天ひかりでは選べない「10ギガ」プランも選べる
    • 【4】光テレビや光電話を同時契約できる
    • 【5】楽天ひかりより工事費無料など申込特典が多い
  • 楽天モバイルでGMOとくとくBB光を利用する注意点
    • 【1】楽天市場の楽天スーパーポイントの+2倍が受けられない
    • 【2】6カ月無料の割引キャンペーンが受けられない
  • 楽天ひかりの人もGMOとくとくBB光がお得
    • 楽天ひかりからの乗り換えは工事なし(事業者変更)
    • 楽天ひかりからの乗り換えで費用もかからない
  • 楽天ひかりからGMOとくとくBB光へ事業者変更する手順
    • 楽天ひかりから事業者変更承諾番号を発行
    • 楽天ひかりの事業者変更承諾番号をGMOとくとくBB光へ連絡
    • 楽天ひかりからGMOとくとくBB光へ回線を切り替え
    • 楽天ひかりのIPv6を解約する【一部の人】
    • 楽天ひかりのレンタル機器を返却
    • 楽天ひかりの解約金の明細書を入手する(任意)
もり

最後に、楽天ひかりからGMOとくとくBB光の事業者変更は以下の特設ページから手続きしてください。

限定キャッシュバックがとてもお得ですよ。

\GMOとくとくBB光を最大128,000円節約!/

この記事の監修者・執筆者

2005年からエンジニアとして13年間、家電メーカーに勤務しました。
2018年からは個人事業主として独立し、光回線のサイトを立ち上げて運営しています。

目次